National Association of Japanese Canadians 全カナダ日系人協会

 

全カナダ日系人協会

全カナダ日系人協会 (The National Association of Japanese Canadians, 略してNAJC) は、多様な文化的伝統を尊重し、すべての人々の人権を保障し、カナダを豊かにするように、皆が団結して努力する社会を作ることを理想とします。

全カナダ日系人協会の使命

全カナダ日系人協会の使命は(1)日系カナダ人がそのアイデンティティを保持し発展させ、各地のカナダ日系人社会を活発にし、全カナダ日系人協会を強固にすることと、(2)総てのカナダ国民、特に人種的及び民族的少数者のための平等な諸権利と自由を獲得することに努力をすることです。


1947年に創立された全カナダ日系人協会(略称NAJC)はカナダの日系人社会全体を代表する唯一の全国団体です。NAJCは全国組織の傘下に、カナダの各地に正会員団体を持っています。NAJCはカナダの日系人を代表して連邦政府と交渉して第二次世界大戦中および戦後に日系カナダ人が連邦政府から被った不正義を連邦政府に認めさせました。たくさんの日系カナダ人が強制収容所に移動させられるか日本に国外追放されました。またアルバータ州とマニトバ州の砂糖大根農家に強制的に移動させられた人達もいます。日系カナダ人の財産は連邦政府に差し押さえられ、後に持ち主の許可無しに売り払われてしまいました。1988年9月22日にカナダ連邦政府首相ブライアン・マルルーニとNAJC会長アート・ミキは歴史的なカナダ日系人補償協定に署名しました。NAJCはこの補償運動をカナダにおける民主主義、正義、人権の原則を守るという立場から推進しました。

補償運動の終了後もNAJCは人権の促進と日系人社会の発展を大きな目的として活動してきました。そしてNAJCの活動に積極的に参加するボランティアの確保、NAJCの財政の安定化、若い世代のNAJCの活動への参加が、これからのカナダ日系人社会の福祉の向上に必要だと信じています。

NAJCの主な目的はカナダ中にあるすべての日系人組織が以下のことができるようにすることです。

  • 日系社会の懸案事項に関して協力して行動する
  • 公平を促進することによって人種差別やそれに関連する不寛容を除去するために我々自身で、また他の団体と協力して働くこと
  • 歴史的な不正義或いは他の不正義に対する補償を求めている他のカナダの組織や先住民と緊密に連携して働くこと
  • 日本人を祖先とするカナダ人の政治的、社会的、教育的、経済的な福利を増進するために集団行動を起こすこと

これらの目的を達成する上で、NAJCは、全カナダ人の基本的な市民的権利と自由が守られる真の民主的な社会を擁護することを誓います。

会員資格

メンバーシップを通じて、個人及び組織の代表者は、毎年異なるカナダの都市で開催されるNAJCの年次総会(AGM)に参加できます。総会において、個人会員と団体会員の代表者は動議の採決と投票をすることができます。また、選挙の年度中に、委員会の候補者と全国執行委員会の候補者を指名したり、賛成したりすることができます。会員は日系カナダ人の地域社会にとって有益な議論やプロジェクトに参加することができます。そして、NAJC の人権規約の権限内で、カナダにおける先住民及び人種的・民族的に少数派のコミュニティを支えるための自主的なプロジェクトに参画することもできます。


メンバーシップの範疇

正会員団体

年会費は非営利団体或いは団体の場合、600ドル。

年次総会に参加する費用は、一つの正会員団体につき一名の代表者分、NAJCが補助します。

投票権があります。


協賛会員団体

年会費は、提携のメリットを享受したい非営利団体又は団体の場合、100ドル。

年次総会に参加する費用はNAJCによって助成されません。

投票権があります。


個人会員

大人(26歳以上)年会費50ドル

シニア(65歳以上)及びユース(25歳以下)年会費25ドル

年次総会に参加する費用はNAJCによって助成されません。

投票権があります。


会員申請書

申請書は、コンピューターで作成し、保存してNational@najc.caに電子メールで送信するか(その場合、別に小切手を郵送する必要があります)、印刷して小切手を同封の上、郵送してください。:

NATIONAL EXECUTIVE OFFICE, Membership

180 McPhillips Street、WINNIPEG、MB R3E 2J9

________________________________________

NAJCは現在、個人会員および協賛会員団体の申請を受け付けています。申請書を提出する場合は、national@najc.caまでご連絡ください。メンバーシップ委員会が申請を審査するまで、会費は送らないでください。

会員になるには、支払いを受け付ける前に、メンバーシップ委員会による申請書の承認が必要です。

*年会費は変更される場合があります。

全国協議会

全国協議会はNAJCの運営母体です。これは正会員団体及び協賛会員団体の代表者で構成されています。全国協議会は、年次総会でトレジャラーが提示した予算と財務諸表を毎年、審議し通過させる責任を持っています。また、全国協議会は全国執行委員会を構成する理事のメンバーを選出するために投票も行います。全国協議会は四半期ごとに、或いは必要に応じてズームによる遠隔会議を行います。


全国名誉諮問協議会

NAJCの全国名誉諮問協議会は9名の委員で構成されます:

アート・ミキ、タツオ・カゲ、ヘンリー・ユー・テリー・ワタダ、セツコ・サーロー・ケイコ・ミキ、マリカ・オマツ、メアリー・キタガワそしてトシ・キタガワの9名です。各委員の経歴については、英語版を参照してください。

全国執行委員会

(各理事及び選任役員の経歴については英語版を参照してください。)

会長     ロリン・オイカワ 寄贈基金委員会議長 (バンクーバー)

副会長          ケイコ・ミキ   人権委員会議長   (ウィニペグ)

トレジャラー レス・コジマ             (ウィニペグ)

セクレタリー エイコ・エビ―            (ナナイモ)

ディレクター スザン・タバタ 芸術・文化・教育委員会議長(バンクーバー)

ディレクター ブライアン・トムリソン 定款及び決議委員会議長(オタワ)

ディレクター キヨシ・デンボウ メンバーシップ委員会議長(トロント)

ディレクター アレックス・ミキ 青年リーダー委員会議長 (ウィニペグ)

前会長    デイヴィッド・ラッセル・ノブオ・ミツイ  (エドモントン)

 

専務理事   ケビン・オカベ

全国事務長  マリア・カリーナ・ウエハラ

 

NAJC全国執行委員会名簿(2005年より2016年までの名簿は英語版参照)

NAJC委員会

寄贈基金委員会

NAJCは助成金を提供するために寄贈基金を設立しました。スポーツ、教育、芸術開発(SEAD)および文化開発(CD)で構成される寄贈基金の詳細は、「寄贈基金の概要」タブでご覧いただけます(英語版を参照)。

寄贈基金委員会は、申請を評価し、受賞者に関して勧告を行う審査員団です。 四人の委員よる委員会は、年次総会においてNAJCの全国協議会によって選出されます。毎年二名の委員が二年間の時間差で選出されます。

指名申請書と情報については、National Executive Officeにお問い合わせください。


人権委員会

全カナダ日系人協会の目的の一つは次のとおりです。

「あらゆる形態の人種差別および関連する不寛容の排除に向けて、独立して、および他者と積極的に協力して積極的に働くこと、そして、人種、肌の色、信条、出身国、または性別にかかわらず、またそれに限定されることなく、総てのカナダ人の公平な権利と自由のために努力すること、そして恵まれないグループに対する差別的慣行と闘うことです。以下省略。」

この目的のために、NAJCには人権問題、懸念、および自主的活動に対処することを主な任務とする人権委員会があります。以下のウェブサイト上の人権リンクでは、日系カナダ人に係わる人権問題に対する情報の提供を試みます。(以下の英文の叙述に関しては、和訳「人権ガイド」を参照してください。)


人権ネットワーク

私たちの社会の不平等と不公平について疑問に思って、これを日系カナダ人コミュニティの他の人たちと話したいと思ったことはありませんか?或いは、あなたと同じ年齢層で、同じ居住地域に住む他の人と一緒に問題を提起したいですか?その場合は、人権ネットワークに参加して、同様の関心を持つ他の人とつながりを持ちましょう。人権ネットワークのフォームに記入して、つながりを持ってください。注:記入する前にPDFのファイルをコンピューターに保存し、それをNational [@] najc.caに添付ファイルとして送り返してください。

ACE委員会

芸術・文化・教育(ACE)委員会は、国内でのパートナーシップとプロジェクトを形成するために取り組んでいます。これは、NAJCが持っている寄贈基金支援プロジェクトとは別のものです。

初年度、ACEはバンクーバーのパウエルストリート・フェスティバルおよびトロントの日系カナダ人文化センターと提携して、日系カナダ人芸術家人名録(japanesecanadianartists.com)を作成しました。大半の資金がカナダ芸術協議会から提供され、それに基づいて、NAJCによって資金提供されたプロジェクトであり、アイコ・スズキに触発されたこのプロジェクトは、先駆的な芸術家、確立された芸術の専門家、および新興の芸術家のため、成功を収めました。

ACEは、教師向け教材ワークショップ、「日系カナダ人収容所を今、教える上での言葉とメディアの問題」を開催し、hastingspark1942.caのウェッブサイトをめぐって、二組のレッスン・プランを作成しました。将来のプロジェクトには、補償問題に関するデジタル・メディア・プロジェクト、および芸術家人名録の翻訳が含まれます。


遺産委員会

NAJCヘリテージ委員会は、日系カナダ人の歴史の保存、維持、普及において日系カナダ人コミュニティを支援し、日系カナダ人の歴史の公平かつ偏見のない表現を確保するために、NAJCの全国執行委員会と協力します。

遺産委員会の重点分野は次のとおりです。

1.専門知識、連絡先、および経験を通じて、アーカイブ資料を記録および保存するコミュニティの取り組みを支援する。

2.様々なテキスト、博物館の展示、記念プログラム、イベントにおける日系カナダ人の歴史の解釈に対して警戒を続け、必要に応じて介入する。

3.日系カナダ人の歴史と遺産に関する教育活動とリソースの開発を奨励し支援し、その普及を支援する。


定款および決議委員会

2018-2019年度に全国執行委員会によって任命された委員会メンバーは次のとおりです。

  • リン・ドイチャー・コバヤシ、グレーター・トロントNAJC支部
  • ジョアン・プラナディン、カルガリー日系コミュニティ協会

委員会は以下を担当します。

  • 年次総会および特別総会の動議が定款および規則の範囲内で有効であることを確認する。
  • 全国執行委員会または全国執行委員会を通した、会員の助言に従って、NAJCの定款及び規則を見直しする。
  • 審査中に提起された問題の解決策を提供し、全国執行委員会または全国執行委員会を通じて会員に勧告する。

今年度の委員会は、2020年の年次総会までに、定款の見直しと修正を勧告する作業を進め、総会での承認を得ることです。


青年指導者委員会

2014年、BC州バンクーバーで開催された日系カナダ人青年指導者会議で設立された青年指導者委員会は、各地域において積極的に活動に関与している全国の若き日系カナダ人で構成されています。委員会の委員は、委員会の活動に対して、彼らの幅広い背景を反映した、豊富で多様な視点をもたらします。青年指導者委員会は、全カナダ日系人協会(NAJC)の下で運営され、以下の責任を負います。

  • 日系カナダ人コミュニティの全国の声を代表して行動すること。
  • カナダ全土の日系カナダ人コミュニティで若者を引き付け、つなぐこと。そして、
  • プログラミング、イベント、および年間予算に関する提案を、全国執行委員会に向けて行うこと。

続きを読む(これについては、英語版を参照のこと)


 メンバーシップ委員会

メンバーシップ委員会は、NAJC(全カナダ日系人協会)の下に設立されています。

委員会は次のことを担当します。

  • 新しいメンバーを募る
  • 全国レベルで現在の会員のニーズを満たす支援をする。
  • メンバーをつなぐパイプの役割を果たす。

指名委員会

全国執行委員会の選挙の年に、全国執行委員会(NEB)によって任命された、最低3人の委員で構成された指名委員会が設立されます。委員会の責任は次のとおりです。

  • 全国執行委員会または寄贈基金委員会に指名される個々の候補者を積極的に探します。
  • 選挙規則が遵守されていることを確認すること。
  • 選挙委員長、全国事務長、復帰した職員と緊密に連携すること。
  • 指名および選挙プロセスの見直しを実施し、年次総会選挙ごとに、総会のあとで正式な報告書を全国執行委員会に提出すること。

コミュニティ開発委員会

地域開発委員会は、地域の会員組織の会員(高齢者、移住者、家族、若者)によってあらわされた日系カナダ人コミュニティのニーズについて、全国執行委員会に対して指示を与える責任があります。コミュニティを強化するために、委員会は会員団体間のネットワーキングの機会を促進し、地元の社会、コミュニティ、芸術プログラムを支援するための資金源を提供します。委員会はNAJCのセクレタリーが議長を務めます。

2009年以来、コミュニティ開発委員会(CDC)は、日系カナダ人コミュニティ内での能力構築に焦点を当てた地域の自主活動と優先事項への資金援助を提供してきました。

春には、コミュニティ開発基金(CDF)の申請手続きとフォームがメンバー組織に配布され、同年の秋に割り当てられた資金を受け取ります。コミュニティベースのプロジェクトの概要レポートは、Webサイトの会員専用セクションに掲載されています。

CDCはまた、NAJCウェブサイト上の情報を使用および共有するために、会員組織向けのオンライン・リソース・データバンクを開発しています。