NAJC会長のメッセージー2021年ホリデーシーズンに向けて 

ロリン・オイカワ

クリスマスとハヌカ(ユダヤ教の光の祭典)のライトと飾り付けが家々に見られるようになり、祝祭シーズンが近づいてきました。誰もが明かりと希望を切望しています。私たちは新型コロナの大流行に対処してきましたが、最近のオミクロン変異株のニュースで、引き続き予防策を講じる必要があります。BC州は夏の記録的な熱波と山火事のあとに、近頃の集中豪雨と水害に襲われました。水害の復興はまだ終了していません。異常気象はより厳しくなり頻度も増加して、気象変化対策を早急に実行して温室効果ガスの排出量を大幅に削減する必要があることを思い出させるものです。

これらのチャレンジに向き合うためには、お互いに親切にしてコミュニティーをより強力にする必要があります。この祝祭シーズンは家族や友人と一緒に私達の伝統文化についてもっと理解し、私達自身の新しい文化を創造してコミュニティーを強力にする良い機会です。私の家では大晦日の夜に蕎麦を食べます。長い蕎麦を食べると長寿を達成すると言われています。蕎麦粉は硬い蕎麦の実からつくるので、蕎麦は忍耐力と回復力の象徴です。また、蕎麦は折れやすいので、今年の辛かったことは忘れてしまおうという意味もあるそうです。大晦日に蕎麦を食べる伝統の意味は今年は特に大切でしょう。

来年はNAJCにとって希望の年です。イベントの企画もあります。

NAJC芸術・文化・教育委員会は日系芸術家およびカナダ在住の日本人芸術家のシンポジュームを2022年9月16日から18日にビクトリアで開催します。参加希望者の応募締め切りは2021年12月19日です。詳細はhttps://bit.ly/najcGEI   をご覧ください。

最新のニュースです。NAJC寄贈基金の奨励金応募のスケジュールが本来のものに戻ります。次の締め切りは2022年3月31日太平洋時間午後11時59分です。まもなく新しい応募申込書がNAJCウェブサイトに掲載されます。NAJC寄贈基金は日系カナダ文化を奨励しています。奨励金は団体、グループ、個人に授与されます。文化奨励金(最大5,000ドル)とスポーツ・教育・芸術奨励金(最大2,500ドル)があります。過去の文化奨励金は舞台芸術家、グラフィック小説家、日系人強制収容記念碑の建設などに授与されました。スポーツ・教育・芸術奨励金はカナダ全国、国際レベルのスポーツ選手、小説家、パーフォーマンス・アーティスト、俳優に授与されています。

NAJCが発信するメッセージには12月の国連の記念日に関連したものがあります。このような記念日は意見を述べる良い機会です。勿論、他の機会にも発言することが必要です。

あなたがこれをお読みになるまでには、12月10日は過ぎているでしょうが、この人権の日を覚えているのは価値があります。

12月10日は「人権の日」です。NAJCの声明が次に掲載されています。 https://bit.ly/3ool1H1  11月25日(国際女性に対する暴力根絶の日)から12月10日までは「性に基づいた暴力に抗議する16日」でした。このような暴力を終わらせる誓いを新たにしました。

12月18日は「国際移住者の日」です。国際的な移住は逆境を乗り越え、より良い生活を求める方法と理解しています。我々移住者の子孫は、現在移住を求める人たちを、私達の祖先の移住者と重ねて見ることができます。私達はカナダと移住者の母国の状況が経済的、社会的に改善することを願います。

12月20日は「国際団結の日」です。この日は私達の多様性を尊ぶとともに、貧困と人種差別の根絶などの共通の目的のために結束する日です。我々は世界の貧困と不平等を根絶するためのコミュニケーション、世界的な協力、協同しておこなう行動を強く促したいとおもいます。

NAJCはサレー博物館が1942年以前にBC州サレーに住んでいた日系人の話を収集することに協力しています。サレー博物館はこのような日系人に、2021年12月と2022年1月中に連絡したいと思っています。私はサレーに長く住んでいるので、サレーに戦前住んでいた人に、家族の話を皆と共有するように励ましたいとおもいます。長い間、日系カナダ人は自分たちの住む町で、私達に関する話題がなく、日系人に関連したビルディングその他が消滅したために、姿の見えない存在にされてきました。もっと日系人の日常生活の話や、何をしてきたか、家庭で何をしていたか、授業中や放課後に何をしたか、買い物はどこでしたか、どこにでかけていたか、などを知りたいとおもいます。日常生活に使った品物をサレー博物館に展示できれば、話はもっと興味深くなります。家族の持ち物は政府が没収、売却したので、とても少なくなってしまったのを知っています。私の家族もスーツケースいくつかしか家から持ち出せませんでした。自分たちの経験を皆と共有することはとても大切です。どうかお考えください。詳しくはここをご覧ください。https://bit.ly/MSryJC

2020年にはNAJCも日系カナダ人家族の話の収集を始めます。強制収容の経験、NAJCの活動や委員会に参加した経験、カナダ各地の日系人組織での経験などです。来年はNAJC 創設75周年、強制収容開始80周年です.。どうぞ皆様の経験を聞かせてください。題名に「NAJCへ話の寄稿」と書いて次までメールしてください。 national@najc.ca

NAJC電子ニュースを受け取っていますか。購読希望者は http://najc.ca/subscribe/ から登録してください。メールアドレスは正しいですか。確かめてください。あなたの住む地域の日系団体の組織にも参加してください。どのような地方組織があるかは次のNAJCウェブページに載っています。http://najc.ca/member-organizations/  The Bulletin (クリスマスギフトで友達に送れば20パーセントの割引です)やNikkei Voiceなどの日系の出版物も購読してください。シニアや学生など、普段、日系団体と接触のない人が日系の歴史や日系社会を知るために最適な情報源です。

The NAJC National Executive Board wishes you and your loved ones a peaceful, safe, warm holiday season and all the best for a happy, healthy, prosperous 2022 – Year of the Tiger!

NAJC全国理事会は皆様が穏やかで、安全なそして心温まる祝祭シーズンをお迎えになることを願っています。そして、寅年の2022年が楽しく、元気で、みのり豊かな年になりますように。

Scroll to top