NAJC会長のメッセージ 2021年5月

ロリン・オイカワ

5月になりました。暖かくなり、桜もカナダのあちこちで咲いています。

NAJC全国理事会は忙しく仕事をしてきました。今月は幾つかの進展があり、それを報告します。この会長のメッセージの他にも「ブレティン誌」、「日系ボイス」、NAJCウェブサイト、ソーシャル・メディア、NAJCニューズ・レターでも報告します。

NAJCは1947年の創立以来、日系人コミュニティーのニーズに応える活動をしてきました。人種問題を取り上げ、カナダ人全てが安全で受容された暮らしができるようにする努力もその一つです。

NAJCの現在の活動の一つは、日系カナダ人の歴史を保持して、将来、日系人が被ったような不正義が起こらないようにすることです。またこのような不正義を経験した日系シニアで、現在も生存している人たちがいることを忘れないようにしましょう。また、日系シニアが過去に否定された尊敬と支援を、私たちが捧げるようにしましょう。

NAJCの報告の一つは、「日系シニア健康ケアと住宅協会」がブリティッシュ・コロンビア州政府から交付金をもらうことになったことです。この交付金は、1942年から1949年までのBC政府による日系人差別政策で被害を被った日系シニアの生存者のために使われます。NAJCは日系シニアの健康と福祉について調査をし、提案を用意してきました。この交付金についてはBCリドレスプロジェクト委員長のスザン・タバタの報告をお読みください。

もう一つの報告はNAJCとカナダ聖公会が、G.G.ナカヤマによって性的虐待を受けた日系カナダ人、当時少年だった人々に対する癒やしと支援について合意したことです。G.G.ナカヤマは1934年から1994年まで聖公会教会の牧師でした。また日系カナダ人ワーキング・グループは2021年6月26日に会合を開き、「聖公会・癒やし基金」について説明します。詳しくは会合のお知らせをご覧ください。

NAJCは「カナダ・サマー・ジョブ」から、NAJC本部の事務の仕事をする10週間のフル・タイムの契約事務員のための支援金を許可されました。この事務員の仕事はコミュニケーションとソーシャル・メディアの管理です。非営利団体の仕事を通じて、日系カナダ人コミュニティーについて学べる良い機会です。応募希望者は仕事を始める時に年齢が15歳から30歳まで、カナダ市民か永住権をもつ人です。この仕事は2021年5月または6月に始まる予定です。応募希望者はNAJCウェブサイトnajc.caをご覧ください。

5月はアジア・ヘリテージ月間です。毎年、日系カナダ人ヘリテージを祝うイベントがありますが、今年はバーチュアル・イベントが多いとおもいます。カナダ全土から参加できるメリットがあります。

NAJC青年指導者委員会委員長ステファン・ハマデが、5月16日に青年指導者トリビアの夕べを開くと知らせています。NAJCウェブサイトに詳しい内容が載せられます。

5月21日に、「サーリーの日系カナダ人の話を再度聞く会」が開かれます。これは2017年に開かれた会の続きで、サーリーの日系カナダ人パイオニアの興味深い話を聞く機会です。オンライン会合は太平洋時間の午後5時(6時PDT、7時CDT、8時EDT)から始まります。次から登録してください。 https://bit.ly/JCSurrey

NAJCのオンライン・プログラムは常に更新されています。次をご覧ください。 http://najc.ca/online-programs/

いろいろなイベントの申し込み締切日が迫っています。ご注意ください。

ゴードン・ヒラバヤシ人権賞の締切は2021年6月30日です。ヒラバヤシ博士は米国とカナダで、人権問題に立ち向かった勇気とリーダーシップで広く尊敬されています。1942年、博士がまだ大学生だった時に、米国政府が日系アメリカ人の夜間外出禁止令を発令しましたが、博士は、これは米国憲法で保障された人権を無視したもので違法だとして、夜間禁止令を無視して連邦政府に挑戦しました。この賞についての詳細は次をご覧ください。

Dr. Gordon Hirabayashi Human Rights Award

NAJC寄贈基金の申し込み締め切りは2021年6月30日です。この基金は日系カナダ人の文化、アスリート、アーティスト、学業を支援する団体、グループ、個々人が活用することができます。次から詳細をご覧ください。

NAJC Endowment Fund

NAJCでは電子ニュース・レターで活動を会員にしらせています。ニュース・レターの購読は次からお願いします。 http://najc.ca/subscribe/ またフェースブック https://www.facebook.com/najc.ca とツイッター Twitter @najc_ca、インスタグラムnajc_national もご覧ください。

最後のリマインダーです。2021年国勢調査が5月に始まります。前回の国勢調査は2016年でした。国勢調査で集められた結果はあらゆるレベルの政府が政策を立案することを知らせ、証拠に基づいて政策決定をするためのとても大切なツールとなります。4月にカナダ統計局が開いた公聴会で私は他のアジア系カナダ人と一緒に参加しました。私は日系カナダ人の立場から、そして他のアジア系カナダ人は彼らの立場から、国勢調査は日系カナダ人やアジア系カナダ人が統計の中で認識できるだけの詳細なデータを集めることが、人種差別の問題を検討する上で必要なことを強調しました。カナダではアジア系カナダ人の経験が疎外されたり、無視されたりすることが多すぎます。カナダが公平な、皆が参加できる社会を作っていくためには、アジア系カナダ人の話も広く知られなくてはなりません。

NAJC全国理事会は皆様が楽しく安全なアジア・ヘリテージ月間を祝うことを願っています。

Scroll to top