NAJC会長のメッセージ 2020年11月

ロリン・オイカワ

このメッセージを書いている時にブリティッシュ・コロンビア州では10月24日に、サスカチュワン州では10月26日にそれぞれ州議会の選挙がありました。ブリティッシュ・コロンビア州では新民主党が85議席のうち55議席を獲得すると予想されています。最低でも44議席で政権が取れます。自由党は29議席、グリーン党は3議席の予想ですが、最終結果は11月半ばまでわかりません。

サスカチュワン州ではサスカチュワン党が投票所の開票結果で46議席、郵便投票を合わせると50議席に増えます。61の議席総数のうち31議席を獲得すれば政権が取れます。新民主党が11議席の予想です。獲得票が拮抗している選挙区があり、最終結果は11月7日までわかりません。新型コロナウィルス(COVID-19)の大流行の影響でブリティッシュ・コロンビア州でもサスカチュワン州でも郵便投票が大変人気のある選択肢であることがはっきりしました。

ブリティッシュ・コロンビア州選挙管理委員会によれば、前回の選挙では郵便投票は6,500件でしたが、今回は725,000人が郵便投票用紙を請求しました。約600,000件の郵便投票と不在者投票を投票箱の投票と重複していないか確かめています。この作業が11月の最初の週に始まり、終了までに数日かかります。ブリティッシュ・コロンビア州では350万人が選挙資格を登録していますが、このうち100万人以上が選挙日前までに郵便投票又は不在者投票をしています。

サスカチュワン州では61,225人が郵便投票用紙を請求しました。サスカチュワン州選挙管理委員会によれば、郵便投票用紙を請求した人は州全体に満遍なく分布しているわけではなく、アサバスカ選挙区ではたった23人、リジャイナ・パスクワ選挙区ではほぼ2,700人にも上りました。選挙管理委員会は投票所の開票結果で候補者の獲得投票数が近いところから、郵便投票を開票しています。郵便投票では自分の選ぶ候補者の名前を手書きするので、書かれた名前の判別に時間がかかります。郵便投票のカウントは2回行います。

事前投票と選挙日のために安心、安全な投票所を設置してくれた無党派の選挙労働者に感謝します。私はブリティッシュ・コロンビア州サーリー事前投票投票所で投票しましたが、安全で迅速でした。待つ必要はありませんでした。

候補者を支援して選挙運動をしたボランティアにも感謝します。これらの活動が民主主義の基本になります。皆様の一票が民主主義を支えています。世論調査とか、さまざまな社会調査に頼ってはいけません。民主主義の基本は選挙です。選挙で自分の意見を反映する候補者、政党に投票してください。

11月の米国大統領選挙に大勢の有権者が投票することを願っています。州によっては黒人、アメリカ先住民、人種的少数派の人たちの投票を制限するような処置を取っているところがあると聞いて心配しています。

カナダでは投票権を誰でもが同時に持っていたわけではありません。中国系、インド系カナダ人が投票できるようになったのは1947年です。日系カナダ人は太平洋戦争終了4年後の1949年になってやっと投票権を獲得しました。太平洋戦争中にブリティッシュ・コロンビア州沿岸部から強制移動させられ、財産を没収され、収容所に入れられた22,000余りの日系カナダ人は1949年になって、ブリティッシュ・コロンビア州沿岸部に戻れることになりました。戻れるといっても、戻るのに必要な資産を持っていた人だけが戻れたのですが。カナダ先住民が投票権を得たのは1960年です。イニュイットは法律上は1950年に投票権を得たのですが、政府が投票所を設置して実際に投票できるようになったのは1962年です。

民主主義が存続するためには、私達が民主主義に参加して、例えばあらゆるレベルの政府の選挙で投票し、選挙の後も政府とかかわり、参加していなければなりません。NAJCは連邦政府人種差別対策事務局と話をしています。またCOVID-19に関するオンライン会議や、組織的な人種差別についても発言しています。COVID-19の大流行の最中に人種差別を受けている地域社会を支える人種的少数派の非営利団体、慈善団体を支援する必要があるとの議論にも参加しています。私たちはこのような対話に参加していなければなりませんし、日系人コミュニティーの経験をカナダの歴史の一部として広くカナダ人に知らせなければなりません。

NAJCのブリティッシュ・コロンビア州とのリドレスの話し合いは現在は中断しています。ブリティッシュ・コロンビア州の選挙結果が11月に判明して、新しい政府が確立してから党派とは無関係な話し合いを再開します。リドレスについての、選挙が告示されるまえの最新のニュースは次に掲載してあります。

http://najc.ca/bc-redress-update/ (日本語セクションに日本語訳も掲載していますー訳者註)。

バンクーバーのスタンレーパークにある日系カナダ人の第一次世界大戦戦死者の顕彰碑で行われるリメンバランス・デイの式典はCOVID-19のために参列者を制限して、ユーテューブで同時配信します。今年はこの顕彰碑設立の100年祭になります。NAJCウェブサイト najc.ca にこの式典のリンクがあります。どうぞご参加ください。私たちの国のために奉仕した人々を偲ぶ時をお持ちください。。

NAJCの活動をしらせる電子メールのNAJC e-news があります。ここから申し込んでください  http://najc.ca/subscribe/ 。またNAJCのオンラインによる活動やNAJCチャットについてアイデアのあるかたは、どうぞここからNAJCまでお知らせください。national@najc.ca

安全を保ち、思いやりをもって過ごしましょう。

Scroll to top