全カナダ日系人協会の「黒人の命は大切だ」に関する声明

全カナダ日系人協会は黒人に対する暴力 の撲滅の呼びかけを支持します。

我々はカナダおよび米国の黒人が経験している人種差別に抗議します。このような人種差別ではしばしばしば法の執行者による黒人の死亡事故が起きています。どうしてこのようなことが黒人が自宅にいる時や、自宅の近辺でジョッギングや自動車の運転をしている時に起きるのかという疑問を問いただします。我々は我々の持つ人権の意味をもっと理解する必要があります。我々は我々の国の歴史と黒人カナダ人が経験した苦難を学ぶ必要があります。我々は人種差別をなくすためにに家庭で、学校で、職場で、地域社会でもっと真剣に話し合う必要があります。

「みんなの命はどれも全部大切だ」という人達に伝えたいと思います。心を開き、組織的な人種差別が存在することを認識してください。そして黒人地域社会が支援を必要としている現在、黒人社会と一緒に立ち上がりましょう。また新型コロハウィルスのパンデミックに触発されて起きたアジア系人少数派にたいする人種差別に反対の声をあげ続けましょう。我々は白人入植者が北米大陸に来てからの先住民の苦難を知っています。先住民に対する不正義は現在も続いています。我々の祖先もまたこの大陸に来た入植者で、白人入植者の人種差別の対象になりました。

不正義は不正義です。我々はカナダ先住民と人種的少数派にたいする組織的な人種差別と戦わなくてはなりません。沈黙を守ることは我々の選択にありません。

黒人の命は大切です。

全カナダ日系人協会は1947年に設立され、全カナダの日系カナダ人および日系カナダ人団体の利益を代弁します。我々はは日系カナダ人社会の発展と明確な日系カナダ人のアイデンティーの確立を支持します。我々はカナダ人、特に人種的少数者が、総て同じ権利と自由を享受できる社会の実現を目指します。

Scroll to top